HOME   ADMIN
日和の日々
その日の出来事をアップ。最近は食に関する知識記事がメインかな
2017/01←  12345678910111213141516171819202122232425262728 →2017/03
--
--/--
--
カテゴリ [スポンサー広告]
トラックバック [-]   コメント [-]   EDIT
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016
07/09
Sat
カテゴリ [日記] [日和ノ日記]
トラックバック [0]   コメント [2]    EDIT
【エッセイ:休日は疲れる】
【前置き】
一人事を文にしたい時がある、これを書いたときはそんな気分だった。
ブログに載せるつもりで書いた訳ではなかったが最近更新してなかったので、のせることにした気まぐれ記事。
ブログ的文章は使わない、編集なしの落書きをであることをご理解ください。

【落書きメモ帳】
狭い部屋に閉じこもり悠久の時を過ごす。

頭痛がひどくなるのを感じる。

耐え切れず、扉を開け、外へ飛び出した。

そこには広い世界が広がっていた。

屋上の立ち入り禁止の開けた場所で外を眺める。

気持ちがスーっと軽くなり、目の奥の力が抜けていくのを

感じた。

そこでようやく気がついた。

先程までの疲れは、部屋の小さな檻に閉じ込められていた
からなのだと。

外は、何キロも先まで見ることができるのに、

部屋では1mも先はなく壁なのである。

そんな空間に閉じ込められ、本来あるべ視力を

発揮できずにいるのである。


鳥であれば、飛べる翼がありながら飛ぶことを禁じられた

世界。

人の視力は本来すごいものである。

目先のスマホを見るためただけの低能力ではない。

色彩を距離を形を質感を感じ、空間を認識できるのが

我々の唯一無二の最高峰能力である。

得ようとして得られるものではなく、

生まれながらにして持っている能力である。

それゆえに、能力の素晴らしさを忘れ、

スマホと自宅の狭き空間に囚われ

本来あるべき能力を発揮しないまま、

能力は衰退してしまうのである。

時に我々は、スマホや部屋という狭き檻から

自らの能力を解き放たなければならない。

そうしなければ、大切な能力を衰退させてしまうのだから。







嫌いじゃないな、このエッセイ(*´ч ` *)
2016/07/28   EDIT
Re: タイトルなし
> 嫌いじゃないな、このエッセイ(*´ч ` *)
遅くなってごめんなさい。
ありがとう(≧▽≦)
2016/10/01   EDIT
TRACKBACK URL
<%trackback?url>
プロフィール

maru

Author:maru
~日和の日々へようこそ~

いつもの方も始めて方も訪問
ありがとうございます^w^
管理人のmaruです

主な紹介
日記:日和な日々がテーマ
ニュース:きたコレb
音楽/動画:お気に入りやニュースなど
ほか多数

コメントやリンクなど大歓迎ですw

ブログは毎日更新・・・は仕事始まって難しくなったのでポチポチ更新ってことでよろしく

maruのポケット
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク集
~紹介サイト~
kurage1-link5 banner-06.jpg てぃんくる めろん 202 ryokucha (1)
最新トラックバック
ブロとも一覧
FC2カウンター
滞在人数
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク
チャット
~アマゾン紹介~
オーガスト
『穢翼のユースティア』は2011年3月25日発売予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。