HOME   ADMIN
日和の日々
その日の出来事をアップ。最近は食に関する知識記事がメインかな
2017/07←  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 →2017/09
--
--/--
--
カテゴリ [スポンサー広告]
トラックバック [-]   コメント [-]   EDIT
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017
07/20
Thu
カテゴリ [記事] [感想]
トラックバック [0]   コメント [0]    EDIT
君は月夜に光り輝く(感想)
第23回電撃小説大賞受賞作品〔君は月夜に光り輝く〕
作家:佐野 徹夜(デビュー作)

《前置き》
 購入前に、表紙を見てわかったことは、
下記の作品と大筋が同じだということです。
作品
~もしも明日があるならば~
~半分の月が昇る空~

病気もの、不の病、主人公が病女につくして、どうなるか・・・
今回は、病気が体が光る病気(病が進むと光が強くなる・治療不明)。
帯に、泣いた泣いたとある。付け焼刃に泣けないな~
↑私の本音です。

とはいえ、過去の他人の作品を凌駕する、真新しい展開とかとか、
デビュー作にふさわしいできであることを期待して購入しました。



《228ページまで感想》
面白いです。
 正直、パクリだろ?つまんないんだろ?と心に抱きながら読み進め、
ページをめくる手はとまることはなく、ひたすらに読んでしまったことに後で気付いた。

他の作品とは一線を画す作品です。
まず、主人公(男子高校生)の家族構成や友人構成、私生活にいたるまで
設定されています。最初にある程度わかってから、入院する同級生の女子と
初対面するわけなのですが、その後も主人公の日々の私生活がわかる構成なので、
すごく新鮮で面白いです。

過去の類似作品では、少女にばかり焦点を当てて、
入院生活にみんな巻き込まれる(読者も巻き込まれる)作品でした。

ネタバレ



入院中の女性から、死ぬまれにやりたいことを
主人公はやるわけだが、今までの作品だと、主人公と病女が
病院を抜け出して行動をとるって展開なのだが、
病院から出られないという常識的な理由を忠実にまもり、
主人公が彼女のやりたいことを代わりに実行しそれを彼女に話すて展開だ。
ちょっと考えれば、ユーチューバの動画みて面白いってのと同じことだ
(まぁ主人公の話術が必要だが)


228ページまで一気に読んだわけだが、
出先だったこともあり、切りもいいので今日はここまでにした。
正直、すぐに読んで読み終えることもできるのだが、
主人公やヒロインの感情は日々の時間の経過に縛られているのに、
こんなに早く先の展開を知ってしまうのはナンセンスだと思った。
それくらいにはまってしまった。
今の私の感情は、228ページの主人公と同じ気持ち、
229ページにかけて、もう会わないでと彼女に言われた主人公(本心ではないけどまに受けて数日会わなかった)が友人に諭されて深夜病棟に進入するが、見回りのナースにみつかり、そのナースは二人がよく会ってたこと、主人公が来なくなってから、彼女が寝ながら涙をながしていること
などをしっているナースが、夜間はダメだ日を改めろ、と主人公にうながす。さらに、最近彼女に会わなかったことを聴いたり、彼女の状況を教えたりされた主人公は、そらすぐにでも会いたいだろう、あって弁解かなにかしたくなるだろう。
主人公と同じように、早く続きが読みたいのだが、あえて一晩我慢するww


一晩たったので完読した(笑)
満足満足です。

独特なキャラクタ達がみんな丸く収まるハッピーエンド
素晴らしい。

まみずって変な名前って考えなくなっていたころに
衝撃事実(笑)

あなた呼びしてた奥さんの主人公に対する心境の変化、
文章だけでは書き表せない、普段の接点や人伝えなんかで
主人公の人柄や本気度なんかを知ったのだと、容易に
察することができた。

主人公の友達、いいやつだな。
初恋の女性を横からかっさらったような相手と、
死んだとは言え、振った女性の前に行くなんて
大変気まずい気分だよ。

彼女だけど。
いいセリフですね。
クラスメイトをびっくりさせる一言。
ドヤ顔になってないことを祈るよ。
ただ参列してるだけのお前らとは違うんだっ
て感じのドヤ顔←やってないよね?すまし顔だよね(笑)


主人公の飛び降りで負けたと言っていた。
好きな人が死ぬのは嫌、好きな人には生きててほしい
死ぬなら自分がって事。
自分が死ぬことよりも好きな人が生きていることの方を
強く願ったから、また、貴方が生きてることは私が生きてること
でもあると、散々繰り返しやってたことだから。
だから、主人公は、言いくるめられた、自分の自殺を
できなかった、してやられた、となる訳です。


語られなかった、14日間が気になります、
流石に、引きこもってものづくりじゃないだろうから。














スポンサーサイト
2017
04/02
Sun
カテゴリ [記事] [感想]
トラックバック [0]   コメント [0]    EDIT
ブログも廃れたな
久々に使ってみて思った。

一番印象的なのは、
ブロともと言う機能と、そのコミニティだ。
どんなに大きなコミニティも、どんなに新しいコミニティも
掲示板の更新は乏しいばかりか、そのコミニティ参加者のブログにいくと、かなり昔に更新が捉えてたりする。

ブロとものブロともと、検索範囲を広げてみるも
結果はもぬけの殻。

学生中に始めてやめるパターンもあるだろうが。

今や当たり前となったスマホ、ライン、ツイッターなどのシンクロ率は計り知れない。

スマホがない頃は、ブログのアクセスはPCが支流。
比較的ライバルがいない状態だった。

今では、PCを立ち上げる気すら失せるほど、
何かとスマホだ。

こんか内容も、ツイッターならマイクモードで
スマホ普及でブログオワタ/(^o^)\
などとつぶやけば、あっという間発信できる。

ブログなんて、そんな吹けば飛ぶような内容すら
原稿用紙に文章を書いてるようなものだ。

と、思った。
2017
03/23
Thu
カテゴリ [記事] [感想]
トラックバック [0]   コメント [0]    EDIT
賭博師は祈らない(感想)
久々に小説を購入しました。↓
賭博師は祈らない

見出しに、奴隷の少女と孤独な賭博師とあったので、
購入意欲を湧かされた。

表紙も挿絵も好きな絵だったのがよかった。

まだ、2章までしか読んでいないが、
ストーリーもしっかりしていたし、
キャラクターの個性的な人生設定なんかもしっかりしていた。

しいて言うなら、
キャラの意思の変化が早い気もしなくもないが、
実際は半月ほどは経過した設定だろうから、おかしくもないな。

幼い子供に精神的に教育した場合、矯正するのが半月なんてありえないきもするが、
まぁ~完全に治ったわけでもないから間違いでもないのか・・・とか考えたりとかしちゃう話なわけで。。


主人公目線で見れば、奴隷はいらないって気持ちもわかるな。
小説キャラだから可愛く描かれてはいるが、
主人公の前に現れたのは、言ってみれば、
社会人の大人の家に、興味もない地位の低い外国人の小学生くらいの
人間らしさ、子供らしさを失った奴がやってくる、、って感覚だと考えれば、
主人公の気持ちがわかる、、、一方で、

元の買人の思考を巡らせて愉しむのも一興www


やはりいえることは、
小説には絵が、映像がないからいいものだ。
文字から読者の好きな映像を脳内に展開させる物語。

縛りがないから、簡単に脱線したストーリー、背景を創造・想像できる。
そういう意味では、脱線のやりがいのある作品であり、
一層愉しめた。



2017
03/22
Wed
カテゴリ [記事] [ちょっと一言]
トラックバック [0]   コメント [0]    EDIT
またまたわからなくなっちゃった
お久しぶりです。
管理人のmaruです。

久々にログインしようとしたら
パスがわからなくなっちゃった。

なんとかログインできて、
使ってないメアドからなにから変更。

そうこうしてると、
電車ついちゃいました。

書けるネタはあるので、
やる気と元気と機会があれば更新します。

時たま足跡つけてくださる方がいるので、
頑張って内容のある記事を書きたいとは思ってます。

ではでは、、、
2016
11/14
Mon
カテゴリ [記事] [ちょっと一言]
トラックバック [0]   コメント [0]    EDIT
人生選択は小学生の係決め
2016111412294671f.png

上の記事からは、
同じ人間なのに職の選択が違う。
その選択で生活まで変わってくる。
ことがわかるわけだが、
私が思うのは、小中学生が係や委員会を決める
事ににてる。

大きく三パターンに分けてみる。
一つは、やらない人。
一つは、楽だったり、やりたいなどでやる人。
一つは、貢献度で選ぶ人。

社会でいきなり職を決めさせられるのと、
学生でいきなり係や委員会を決めさせられるのは、
事は違えど当人の年齢からしたら同じことなのだ。

この、係や委員会決めでの行動の仕方は、
職選びの時にも似た決定をしているなではないかと推察する。

ex
地位な高い係や委員会に立候補する者は、
職選びにおいても、何かがずば抜けた職を選ぶだろう。
それが、給料か地位か、名誉か、福利かしらないが。

楽なやつ、やりたいやつで選ぶ人は、
職選びでは、硬い仕事、楽な仕事、好きな職を選ぶだろ。
損をする職を選ぶ者はそうはいないとする。

最後のやつは、吉と出るか凶とでるか。
というのも、係や委員会などという枠には、
俺のやりたいものはない。という者と、
気弱なやらない者だとする。

前者のなかには、研究職などで成果を上げそうだし、
デザインなどで、枠にとらわれない斬新なアイデアが
飛び出しそうだ。エンターテイメント。
その一部と後者は、職選びでも関心が持てず、
関心高い過半数にいい職を抑えられ、余りものに
すがるしかないのだ。

プロフィール

maru

Author:maru
~日和の日々へようこそ~

いつもの方も始めて方も訪問
ありがとうございます^w^
管理人のmaruです

主な紹介
日記:日和な日々がテーマ
ニュース:きたコレb
音楽/動画:お気に入りやニュースなど
ほか多数

コメントやリンクなど大歓迎ですw

ブログは毎日更新・・・は仕事始まって難しくなったのでポチポチ更新ってことでよろしく

maruのポケット
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク集
~紹介サイト~
kurage1-link5 banner-06.jpg てぃんくる めろん 202 ryokucha (1)
最新トラックバック
ブロとも一覧
FC2カウンター
滞在人数
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク
チャット
~アマゾン紹介~
オーガスト
『穢翼のユースティア』は2011年3月25日発売予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。