FC2ブログ
HOME   ADMIN
日和の日々
その日の出来事をアップ。最近は食に関する知識記事がメインかな
2018/08←  123456789101112131415161718192021222324252627282930 →2018/10
2018
09/16
Sun
カテゴリ [未分類]
トラックバック [0]   コメント [0]    EDIT
のんびり
気づけば誕生日になりました。

ほしいものは貰ったけど、
本当に欲しいものは手に入らないなー

快適に生活できてるし、今は満足した人生。

スポンサーサイト
2018
05/17
Thu
カテゴリ [未分類]
トラックバック [0]   コメント [0]    EDIT
暖かくなってきた
仕事と休暇をぐーるぐる。

嫌ではないよ。

これが日常。

多くは求めない、投資もほどほどにした。

スロはやめた。

温泉巡りはほどほどになった。

新しい趣味でもみつけるかな。


趣味とは違うが、筋膜伸ばすストレッチをはじめた。
きっかけは、体の硬さと、肩腰が痛いから。
意味がないとおもったが、専用の道具を使えばしっかり伸びて、痛みもなくなった。
2018
01/27
Sat
カテゴリ [料理] [おいしんぼう]
スレッドタイトル [スイーツ]
スレッドテーマ [グルメ]
トラックバック [0]   コメント [0]    EDIT
皮付きアップルパイを作ってみた
皮のついたアップルパイを8等分にし そこから半分にカットしたサイズのものをアップルパイのタネにしていきます。




一般的なアップルパイの形から、
パイシート一枚で8個作れる 一口サイズのアップルパイを作ってみましたw 一口サイズには 8等分の半分の りんごがひとつ入ってます。



2018
01/27
Sat
カテゴリ [未分類]
トラックバック [0]   コメント [0]    EDIT
久しぶりに休日日記
休日というのは実にすることがない、訳ではない。

ゴロゴロするのだって 携帯をいじるなって 飯を作ったり アップルパイを作ったり 片付けをしたり 洗濯物干したり こんなことですら、 休日にやれば 不満はない。

暇も嫌ではないのだが、休日暇について ググってみた。

これまでやってきた 映画や温泉をみんなもするらしい。

そしてブログを書くことも掲載されていた。

私がブログを始めたのは学生の頃、
学校に縛られ 資金力に縛られ、居住に縛られ、
そんな縛られられ続けた私はブログと言う選択をしたらしい。

今は選択肢が多く増えたため、書く回数も減ったのだろう。

たまたま見た記事きっかけで 久々にブログを更新してみました。


最近は アップルパイ作りにはまってまして、
皮付きでアップルパイを作ることもしばしば。
皮付きアップルパイ 意外と美味しいんですよ。
切る時に出るクズの量は少なくて済むし、 味よし色よし栄養よし、文句なしです。

そういえば以前に書いた賭博の小説 感想文、
最近3巻が出たらしいから 気が向いたら感想を書きたいな

ではではこの辺で
2017
07/20
Thu
カテゴリ [記事] [感想]
トラックバック [0]   コメント [2]    EDIT
君は月夜に光り輝く(感想)
第23回電撃小説大賞受賞作品〔君は月夜に光り輝く〕
作家:佐野 徹夜(デビュー作)

《前置き》
 購入前に、表紙を見てわかったことは、
下記の作品と大筋が同じだということです。
作品
~もしも明日があるならば~
~半分の月が昇る空~

病気もの、不の病、主人公が病女につくして、どうなるか・・・
今回は、病気が体が光る病気(病が進むと光が強くなる・治療不明)。
帯に、泣いた泣いたとある。付け焼刃に泣けないな~
↑私の本音です。

とはいえ、過去の他人の作品を凌駕する、真新しい展開とかとか、
デビュー作にふさわしいできであることを期待して購入しました。



《228ページまで感想》
面白いです。
 正直、パクリだろ?つまんないんだろ?と心に抱きながら読み進め、
ページをめくる手はとまることはなく、ひたすらに読んでしまったことに後で気付いた。

他の作品とは一線を画す作品です。
まず、主人公(男子高校生)の家族構成や友人構成、私生活にいたるまで
設定されています。最初にある程度わかってから、入院する同級生の女子と
初対面するわけなのですが、その後も主人公の日々の私生活がわかる構成なので、
すごく新鮮で面白いです。

過去の類似作品では、少女にばかり焦点を当てて、
入院生活にみんな巻き込まれる(読者も巻き込まれる)作品でした。

ネタバレ



入院中の女性から、死ぬまれにやりたいことを
主人公はやるわけだが、今までの作品だと、主人公と病女が
病院を抜け出して行動をとるって展開なのだが、
病院から出られないという常識的な理由を忠実にまもり、
主人公が彼女のやりたいことを代わりに実行しそれを彼女に話すて展開だ。
ちょっと考えれば、ユーチューバの動画みて面白いってのと同じことだ
(まぁ主人公の話術が必要だが)


228ページまで一気に読んだわけだが、
出先だったこともあり、切りもいいので今日はここまでにした。
正直、すぐに読んで読み終えることもできるのだが、
主人公やヒロインの感情は日々の時間の経過に縛られているのに、
こんなに早く先の展開を知ってしまうのはナンセンスだと思った。
それくらいにはまってしまった。
今の私の感情は、228ページの主人公と同じ気持ち、
229ページにかけて、もう会わないでと彼女に言われた主人公(本心ではないけどまに受けて数日会わなかった)が友人に諭されて深夜病棟に進入するが、見回りのナースにみつかり、そのナースは二人がよく会ってたこと、主人公が来なくなってから、彼女が寝ながら涙をながしていること
などをしっているナースが、夜間はダメだ日を改めろ、と主人公にうながす。さらに、最近彼女に会わなかったことを聴いたり、彼女の状況を教えたりされた主人公は、そらすぐにでも会いたいだろう、あって弁解かなにかしたくなるだろう。
主人公と同じように、早く続きが読みたいのだが、あえて一晩我慢するww


一晩たったので完読した(笑)
満足満足です。

独特なキャラクタ達がみんな丸く収まるハッピーエンド
素晴らしい。

まみずって変な名前って考えなくなっていたころに
衝撃事実(笑)

あなた呼びしてた奥さんの主人公に対する心境の変化、
文章だけでは書き表せない、普段の接点や人伝えなんかで
主人公の人柄や本気度なんかを知ったのだと、容易に
察することができた。

主人公の友達、いいやつだな。
初恋の女性を横からかっさらったような相手と、
死んだとは言え、振った女性の前に行くなんて
大変気まずい気分だよ。

彼女だけど。
いいセリフですね。
クラスメイトをびっくりさせる一言。
ドヤ顔になってないことを祈るよ。
ただ参列してるだけのお前らとは違うんだっ
て感じのドヤ顔←やってないよね?すまし顔だよね(笑)


主人公の飛び降りで負けたと言っていた。
好きな人が死ぬのは嫌、好きな人には生きててほしい
死ぬなら自分がって事。
自分が死ぬことよりも好きな人が生きていることの方を
強く願ったから、また、貴方が生きてることは私が生きてること
でもあると、散々繰り返しやってたことだから。
だから、主人公は、言いくるめられた、自分の自殺を
できなかった、してやられた、となる訳です。


語られなかった、14日間が気になります、
流石に、引きこもってものづくりじゃないだろうから。














プロフィール

maru

Author:maru
~日和の日々へようこそ~

いつもの方も始めて方も訪問
ありがとうございます^w^
管理人のmaruです

主な紹介
日記:日和な日々がテーマ
ニュース:きたコレb
音楽/動画:お気に入りやニュースなど
ほか多数

コメントやリンクなど大歓迎ですw

ブログは毎日更新・・・は仕事始まって難しくなったのでポチポチ更新ってことでよろしく

maruのポケット
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク集
~紹介サイト~
kurage1-link5 banner-06.jpg てぃんくる めろん 202 ryokucha (1)
最新トラックバック
ブロとも一覧
FC2カウンター
滞在人数
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
リンク
チャット
~アマゾン紹介~
オーガスト
『穢翼のユースティア』は2011年3月25日発売予定です。